2005年11月03日

映画:コープスブライド

早速見て参りましたよ、ティム・バートンの「コープスブライド」!

いや〜〜〜〜〜〜〜良かったです!「チャーリーとチョコレート工場」では微モニョって一緒に行った相手を動揺させていましたが、今回のは二人で泣いてきてしまいましたよww


やっぱりコレくらいの毒が無いとつまらない、と思ったなぁ、やっぱりアニメだと出しやすいのかな、毒っていうと大げさかもしれないけど俺ン中では割合「ティムバートン=ナイトメア・ビフォア・クリスマス」ってのがあって、ま、単に好きっていうだけなんだけどある程度の行き過ぎた皮肉とかちょっとした懐古なせつなげな雰囲気が無いと物足りない感じで。「チャーリーとチョコレート工場」では罰に向かう子供のほんの入り口までと、その後しか映ってなかったから、例えばゴミ溜めに落ちた女の子とその父親がその中でどんな目にあってるのかまで書いて欲しかったりしてたのね。

あ、でもそれ云っちゃうと「コープスブライド」の悪役も最後どんな目にあったのかは気になるところではあるんだけど、ビクターとヴィクトリアとエミリーの、それぞれの純粋な思いとドラマのほうが更に上を行っていて観てるときは全然気にならなかったwww

毎度のくどいデザインのキャラクター達なんだけど相変わらず全然それが苦にならないドラマ展開、可愛らしさったないね♪


特にエミリーがビクターにあげたウェディングプレゼントのスクラップスがメタクタにキュートでキュンキュン♪(表現が古いのはオッサンだからです、許してww)欲しい、あんな子なら欲しいッ!!
WS000004.JPG


最初は只のヘタレだったビクターがどんどん成長していったり、親の言うがままに生きてきたヴィクトリアの愛の為せるわざ、そして純粋なエミリーの可愛らしさ、せつなさ…。人形アニメなのに、いやだからこそ、あんなに表情豊かで大人の心もグラグラ揺さぶる美しくて可愛い映画「コープスブライド」、是非是非見てください、必見!黒ハート


-------------------------------------------
ティム・バートンの「コープスブライド」
http://wwws.warnerbros.co.jp/corpsebride/
more blog?ninkiupranking.gif
posted by 加賀 at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 好き(*´Д`)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
nekohigetanmini.jpg

このブログはマンガ・アニメ・ゲーム・FLASH・時事ニュース・ネットニュース・ペット(猫)、様々な気になったものに関して加賀が放談する気侭なブログです。引用させていただいた記事・画像等々の著作権は引用サイト様・作成者様のものとしてこれらを侵すものではありません、削除をご希望される場合はコメント欄にてお声を掛けてください。尚、引用やTBについて許諾無く為す場合があります、ご容赦ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。