2005年10月24日

3つの罪:末次さんと出版社と(板住人+不特定多数のブロガー)

此処のところ、末次由紀さんの記事へのアクセスが一番多いことがずっと続いています。


今でも描写盗用についてはあってはならないと思っているのは変わりません、竹熊健太郎さんがブログに書いている様にソレが慣例になっていたとしてもそれをソウイウコトダカラと認めてしまったらイカンと思うのです。自分の本を出版してくれる人、その漫画を作る事を手伝ってくれる人、雑誌/コミックを買ってくれる人、その雑誌/コミックを流通してくれる人、売ってくれる人、運んでくれる人、…諸々、「モノを作って、モノを売って、それで稼いだ金でメシを食う事を生業に」している限り、関係する全てを裏切る事になると思うんです。


参考にして消化して、更に新たなものにしていくのがプロだと思うんです。
そしてソレを認めて貰えなければそれはもうただの「盗み」でしか無いと思うんです。
こんなの誰でもやってる=正しいこと、では無いと思うんです。


とはいえ、正直言うと講談社の処分は驚きました。
その描写盗用がされたコミックだけを処分、でも十分だったかもしれないな、と。
検証サイトを見ると盗用箇所は複数あります、複数盗用をしたと作家も認めたんだと思います。だからこその潔い身の引き方、一切を失う事で罪を償うということをしたんだと、講談社は一つの情報発信者としうスタンスでの潔癖さを見せたんだと思います。

が、末次さんの作品の「ストーリー」とは完全なオリジナルです。
そのストーリーに共感しているファンも大勢居ます。

実際、今回の処分に痛みを感じて嘆いているファンの方のブログも多く拝見しました。末次さんのストーリーをファンの人達から全て奪う権利は、汚れていないシロの部分すらも、そして新たにそのストーリーに触れ合うかもしれなかった人達がそれを知る権利をも根こそぎ奪う権利は、もしかしたら講談社には無いかもしれない、とふと振り返ると痛感します。(書店に勤める者として言わせて貰えば、売れるシロい品物をも奪われた事にもなっていると思います。)


ちゃねらー達が末次さんへの思いを「祭り」に変えた事はは多分、彼女が「バレないと思ってした、匿名の自己弁護」が火をつけたのだと思います。(その記事発信者とご本人のIPが同じだった事でバレてしまったらしいのですが。)


匿名での発言はズルイ、と2ちゃんねるがよく叩かれたりしていますが、実は匿名なのは仮面だけでイツ・ドコカラははっきりと調べれば判る事なのです。いわば、彼女は大勢の人が集まる大広場のど真ん中で仮面をかぶっただけの状態で、イツ・ドコカラが共通する特殊な場所で、彼女のファンを装って頭隠して尻隠さずの状態で大声で自己弁護を言い放ってしまったわけです。


ネットは万能ではありません、罪は罪なのです。
恥の上に更に恥を上塗りしてしまったのは末次さんなのです。
潔い態度で自分のしたことを見つめて、ひたすらに慎むべきだった。
まず自身を厳しく戒めて、その後に自身の考えを自分自身の言葉で、
自信を持って自分の気持ちをきちんと発信するべきだった。

でももう炎上してしまった噂の疾走は誰にも止められません。


俺自身もネットを利用し始めた当初は、ネットというものがここまで世間一般の世界と表裏一体、いや、世間よりも厳しい世界で、強く自分自身というものを保たなくてはいけない世界だということは判らないでいました。声という音で発信された言葉は録音でもしなければ其処に見えもしなければ残りもしない、あっという間に掻き消えて云っていないといえば通ります。多少無理があってもとぼけてしまえば証拠は残りません。ですが、ネットの文字で発信された言葉は消えないのですごまかしは効かないのです


受信側がその「文字の言葉」を読んでどうとるかは発信側には支配することは出来ません、表情や仕草のような語感を和らげてくれるフィルターはありません。通常の会話なら出来るフォローは一切出来ない、特に気をつけてしなければ感情も一緒に伝えることは出来ません。剥き出しの「言葉」そのものです


だからこそ、ネット上で語ることは細心の注意が必要だと思います。ネット上で誤解が誤解を呼んで、どんどん違うものになっていく事は、リアル社会の噂の広がり以上に苛烈です。全てに証拠が残る限り、何も言い訳出来ないのです。


末次さんは盗んだ事と知らなかった事が罪、
講談社は焦る余りに罪と罰のバランスを計り損ねた事が罪、
そして2ちゃんねるを始めとする板住人・不特定多数のブロガー達は、
浮かれた「他人の失敗を面白がる」醜い好奇心でもって末次さんを追い詰めてしまった寛容の無さが罪。
しかし、それは全て、己を省みて襟を正せば罪を償う事はきっと可能だと俺は思います。


もしまた、末次さんが自分のストーリーを語る機会を得ることがあるならば、
彼女がその事を語ることが出来るようになるならば、その時は温かく迎えなければいけないと思います。


今回は、俺も俺自身に言い聞かせるようにしてこの記事を書きました。
ネットの大広場で語った言葉はドコの誰が読んで、それがドウ思われたとしても、発信者は自分の思ったとおりに「読んだ人の心まではコントロールできないこと」を忘れない様にしたいと思います。


誰にも知られたく無いのなら、こっそりと。
地面に穴を掘って、其処へ首を突っ込んで。こっそりと。
ソレが一番いい方法です。
ninkiupranking.gif


《参考文献》
たけくまメモ: マンガ家の描写盗用問題についての私見
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/post_9358.html
posted by 加賀 at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | まじめなこと。
この記事へのコメント
今回の事件について、偏らない視線で書いてくださいました。
ありがとうございます!
(こういう記事を読みたかった!)
お陰で私の中のもやもやも晴れたような気がします。
Posted by はるぼん at 2005年10月25日 22:10
コメント有難うゴザイマス、

今回のこの話題について色々な記事を見ましたが…コレを基点に様々にいい方向に考えが進むといいですよね。周りの顔色を伺わず、きちんと自分で吟味をして、判断をして、誰に対しても(無論自分に対しても)恥ずかしいとか悲しいとか後悔しないで済む様にしていく事が出来るといいな、と。
完璧になんて絶対無理だけど、血の通った等身大の自分を見つめるだけでも立ち位置は見えてくる。祭りは楽しいけど、楽しいときこそ冷静になることも必要なんだなと実感した加賀さんなのでした(笑)

御託は此れくらいにしてw
はるぽんさんのもやもやを少しでも晴らす事が出来たみたいで俺も嬉しいです。
Posted by 加賀 at 2005年10月26日 00:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8515611
トラックバック先がこの記事と関連のある記事ではない場合は削除することがあります。
nekohigetanmini.jpg

このブログはマンガ・アニメ・ゲーム・FLASH・時事ニュース・ネットニュース・ペット(猫)、様々な気になったものに関して加賀が放談する気侭なブログです。引用させていただいた記事・画像等々の著作権は引用サイト様・作成者様のものとしてこれらを侵すものではありません、削除をご希望される場合はコメント欄にてお声を掛けてください。尚、引用やTBについて許諾無く為す場合があります、ご容赦ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。