2006年08月25日

坂東眞砂子:仔猫殺し について

一昨日辺りにこのコラムの話を知って、一通り激怒した後から考えたんだけども、昔から誤って生ませてしまった仔猫や子犬などを捨てに行く行為というのは多くあったと思う。公園でよく見かけたし。<ダンボール入りの仔猫 実家でメシを食ってる時、親父にこの話をしたら死んでしまうのを承知で川に流したりしてるのも見たし、そうするのが割と多かったんじゃないか?なんて事も聞いたし。(もう知ってたのは驚いたけど。<テレビのニュースでやってたっぽい。)

拾って貰えるようにと望みながら死んでしまうかもしれないとも思いつつ、人は持て余してしまったペットを捨ててきたんだと思う。
でもそれを思い出したり、ちょっと友人間などでそういう話題が上った時には、その事実はやっぱり後ろめたい事であって、悪い事をした、可哀相な事をしたと考えて、軽くも重くも罪悪感を持ちつづけるんだろうと思う。そうするのが当然、何が悪いと居直ったりする人はそんなに居ないんじゃないだろうか。

今回のこのコラムは夕刊とはいえ、全国紙に掲載されるもの、稿料が発生し、無論読む為には料を払って読むものだ。

それが判っていて、堂々と自分の自慰ネタを出してくる作家そのものの考えが判らない、んだよね。書く事で掲載紙に迷惑が掛かるかも知れない事を金貰って書く、批判は持ち上がるだろうと前打って書き連ねるってその意識がわからないんだわ。読者を舐めてるんだろうか。自分で管理できない、管理する責任を持てないから、小さな生まれてしまった仔猫の命を簡単に奪える人間だからこそ、出来る芸当なんだろうか。自分の言葉全てに価値があると勘違いしてしまった哀れな人間にしか思えない、そんな思いに行き着いた。




もう一つ。
この件が有名になって、あちこちで論議を醸してると思う。
そこで絶対出てくる意見は、

他の家畜、特に食べる為に育てられている種や、食べる為に獲られて売られる魚はどうなんだ。
避妊・去勢手術するのだって動物にとっては酷い話じゃないか。
そもそもペットなんか飼うから悪いんだ、人間の驕りだ。

とかとか。

幾ら論議に枝流は有るとしたって、一つ、愛玩動物と食用家畜を同じラインで論じたってそもそも存在意義に違いがあるんだから話したって仕方ないの無い話だろ、と。人間が食うために他の生物を殺してるっていうなら、食う時に精々謝ってありがたく食ってりゃいいと思うのな。それにその家畜を増やして育てて売ってる人の腹次第じゃないか、それが責任の在り処ってもんじゃないか?ペットに関してはその動物を育ててる人に責任が在るんじゃないか?

一つ、避妊・去勢手術も確かにそれをされる個体にとっちゃ迷惑な話だけれど、その個体を管理しなくちゃならない飼い主にとっては必ず択ばなくちゃいけない問題だ。

俺に餌を貰って糞の始末をして貰ってるうちの猫は去勢はしていない。完全な家猫だから、年を取ってしまった今は判らないが若い内は性欲を持て余した事もあったかもしれない。それは確かに可哀相な面もある、しかし体の仕組みに人の手を入れて健康を損なうよりはマシだと俺は考えて、それを択んだ。

自由に外出する猫の場合、もっと問題は深刻だ。どこで生殖可能なメス猫に逢うかしれない。そこで自由に交尾して孕まれたりしたら、生殖可能なオス猫を放置した責任を負わなければならない。一個体を管理する責任しか持てないんだったら、生まれてくる仔猫の責任は持てないんだったら、産ませられる機能を持ったオス猫を放置するのは間違いだ。<勿論メス猫にしても同じ事が言える。
そういう責任が持てないんだったら、親になりうる個体に手を入れなくちゃいけないのは必要最低限な処理なんじゃないかと思う。生まれた子の命を一つ一つを処分するよりは。数の原理で申し訳無いが。

一つ、ペットを飼うのはヒトの驕りだ、って意見。これは本末転倒。飼わなければ問題は起こらないというのは逃げでしかない。飼っていなければ、問題全てに関与する必要が無いと言い切っているだけだ。


ペットを飼うという事はその個体の最後までの一切を管理する事だと思う。そのペットの生活の全てを請け負う事だと思う。自分のペットがなした子も飼い主は責任を持つ。責任をもつという事は不要な命を捨て去るという事じゃあない、生をまっとうしてその生活を保障する事だ。いらないから殺す、は責任の放棄でしかない。前時代の、飼い主自身の生活がおぼつかない中で生まれる子供の間引きよりも酷い。

出来ないなら、親猫ともども一切生物を飼うな、その命を翻弄するな。
そこまでの権利は人間には無い。
posted by 加賀 at 13:59 | Comment(3) | TrackBack(1) | まじめなこと。
この記事へのコメント
なんか、上手く言えんけど。
モノ凄い怒りが沸々沸いてきてるぜ。
このアホ行為も然ることながら、これを掲載すると決断した奴。
突っ込みどころ多すぎて、マジ何から言ってイイか解らんが…
言論ばかり発達して、本能が狂ってやがるな。
Posted by イチロウ。 at 2006年08月27日 11:43
ネットで子供とかラインを存在しなかったの?
Posted by BlogPetのちびひげ at 2006年09月22日 11:05
加賀さんの、思いとか管理しなかったー。
Posted by BlogPetのちびひげ at 2006年10月20日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/22792417
トラックバック先がこの記事と関連のある記事ではない場合は削除することがあります。
我が家の暴れん坊!!飼い猫るな♀の日記です。
Excerpt: アタシは変わった物が大好物♪ いったい何が好きかというと・・・・・
Weblog: るな♀の部屋
Tracked: 2006-08-26 00:45
nekohigetanmini.jpg

このブログはマンガ・アニメ・ゲーム・FLASH・時事ニュース・ネットニュース・ペット(猫)、様々な気になったものに関して加賀が放談する気侭なブログです。引用させていただいた記事・画像等々の著作権は引用サイト様・作成者様のものとしてこれらを侵すものではありません、削除をご希望される場合はコメント欄にてお声を掛けてください。尚、引用やTBについて許諾無く為す場合があります、ご容赦ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。