2006年07月06日

テポドン出血大放出で思ったこと。

特亜のやり方ってつまりはこれなのかなあ、なんて。

イヤガラセとの戦い
http://www.1101.com/nakazawa/2005-09-23.html

確かに小さなイヤガラセの粘着質な継続をやられるのが一番効き目があるよね。
やられてるほうがキレちゃうっていうか。

それを待ってるのかなぁ、もし日本がキレたらどうなんのかな。
日本人の美徳且つ悪徳は、自分のした事は割と冷静に覚えてて
且つ、それに熱狂的になれる割に、その後すぐに自己反省してしまって
開き直れない、あたりなんだと思うんで、それを思うと日本がキレるって
中々ありえない事ではあるよなぁ。

どうなっちゃうんだろ、
若しかしてコイズミさんがもう9月辞めちゃうから、とうとう満を持して
8月15日に靖国神社に行っちゃうかもしれないと思って、それを牽制してる
ッてことは無いよね、其処までアホじゃないよね(自分で言ってて笑える)

ホント、半島の人のやる事って意表をつくっていうか理解不能で困るよ。
more blog?ninkiupranking.gif


次は話題の「鏡の法則」について。<多分
posted by 加賀 at 03:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 独り言
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/20345782
トラックバック先がこの記事と関連のある記事ではない場合は削除することがあります。
nekohigetanmini.jpg

このブログはマンガ・アニメ・ゲーム・FLASH・時事ニュース・ネットニュース・ペット(猫)、様々な気になったものに関して加賀が放談する気侭なブログです。引用させていただいた記事・画像等々の著作権は引用サイト様・作成者様のものとしてこれらを侵すものではありません、削除をご希望される場合はコメント欄にてお声を掛けてください。尚、引用やTBについて許諾無く為す場合があります、ご容赦ください。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。