2006年08月25日

坂東眞砂子:仔猫殺し について

一昨日辺りにこのコラムの話を知って、一通り激怒した後から考えたんだけども、昔から誤って生ませてしまった仔猫や子犬などを捨てに行く行為というのは多くあったと思う。公園でよく見かけたし。<ダンボール入りの仔猫 実家でメシを食ってる時、親父にこの話をしたら死んでしまうのを承知で川に流したりしてるのも見たし、そうするのが割と多かったんじゃないか?なんて事も聞いたし。(もう知ってたのは驚いたけど。<テレビのニュースでやってたっぽい。)

拾って貰えるようにと望みながら死んでしまうかもしれないとも思いつつ、人は持て余してしまったペットを捨ててきたんだと思う。
でもそれを思い出したり、ちょっと友人間などでそういう話題が上った時には、その事実はやっぱり後ろめたい事であって、悪い事をした、可哀相な事をしたと考えて、軽くも重くも罪悪感を持ちつづけるんだろうと思う。そうするのが当然、何が悪いと居直ったりする人はそんなに居ないんじゃないだろうか。

今回のこのコラムは夕刊とはいえ、全国紙に掲載されるもの、稿料が発生し、無論読む為には料を払って読むものだ。

それが判っていて、堂々と自分の自慰ネタを出してくる作家そのものの考えが判らない、んだよね。書く事で掲載紙に迷惑が掛かるかも知れない事を金貰って書く、批判は持ち上がるだろうと前打って書き連ねるってその意識がわからないんだわ。読者を舐めてるんだろうか。自分で管理できない、管理する責任を持てないから、小さな生まれてしまった仔猫の命を簡単に奪える人間だからこそ、出来る芸当なんだろうか。自分の言葉全てに価値があると勘違いしてしまった哀れな人間にしか思えない、そんな思いに行き着いた。




もう一つ。
この件が有名になって、あちこちで論議を醸してると思う。
そこで絶対出てくる意見は、

他の家畜、特に食べる為に育てられている種や、食べる為に獲られて売られる魚はどうなんだ。
避妊・去勢手術するのだって動物にとっては酷い話じゃないか。
そもそもペットなんか飼うから悪いんだ、人間の驕りだ。

とかとか。

幾ら論議に枝流は有るとしたって、一つ、愛玩動物と食用家畜を同じラインで論じたってそもそも存在意義に違いがあるんだから話したって仕方ないの無い話だろ、と。人間が食うために他の生物を殺してるっていうなら、食う時に精々謝ってありがたく食ってりゃいいと思うのな。それにその家畜を増やして育てて売ってる人の腹次第じゃないか、それが責任の在り処ってもんじゃないか?ペットに関してはその動物を育ててる人に責任が在るんじゃないか?

一つ、避妊・去勢手術も確かにそれをされる個体にとっちゃ迷惑な話だけれど、その個体を管理しなくちゃならない飼い主にとっては必ず択ばなくちゃいけない問題だ。

俺に餌を貰って糞の始末をして貰ってるうちの猫は去勢はしていない。完全な家猫だから、年を取ってしまった今は判らないが若い内は性欲を持て余した事もあったかもしれない。それは確かに可哀相な面もある、しかし体の仕組みに人の手を入れて健康を損なうよりはマシだと俺は考えて、それを択んだ。

自由に外出する猫の場合、もっと問題は深刻だ。どこで生殖可能なメス猫に逢うかしれない。そこで自由に交尾して孕まれたりしたら、生殖可能なオス猫を放置した責任を負わなければならない。一個体を管理する責任しか持てないんだったら、生まれてくる仔猫の責任は持てないんだったら、産ませられる機能を持ったオス猫を放置するのは間違いだ。<勿論メス猫にしても同じ事が言える。
そういう責任が持てないんだったら、親になりうる個体に手を入れなくちゃいけないのは必要最低限な処理なんじゃないかと思う。生まれた子の命を一つ一つを処分するよりは。数の原理で申し訳無いが。

一つ、ペットを飼うのはヒトの驕りだ、って意見。これは本末転倒。飼わなければ問題は起こらないというのは逃げでしかない。飼っていなければ、問題全てに関与する必要が無いと言い切っているだけだ。


ペットを飼うという事はその個体の最後までの一切を管理する事だと思う。そのペットの生活の全てを請け負う事だと思う。自分のペットがなした子も飼い主は責任を持つ。責任をもつという事は不要な命を捨て去るという事じゃあない、生をまっとうしてその生活を保障する事だ。いらないから殺す、は責任の放棄でしかない。前時代の、飼い主自身の生活がおぼつかない中で生まれる子供の間引きよりも酷い。

出来ないなら、親猫ともども一切生物を飼うな、その命を翻弄するな。
そこまでの権利は人間には無い。
posted by 加賀 at 13:59 | Comment(3) | TrackBack(1) | まじめなこと。

2006年08月17日

Adam Phillipsさんの新作出てたw

最近すっかり行かなくなってたんだけど、ふと思い出して行ってみたら
新作出てた(笑)

yuyu.jpg

The Yuyu

この疾走感!堪らんね!!
これこそ、アニメだよ!!!
posted by 加賀 at 04:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | FLASH

ほっといてくれ。

この時期になると日本中が戦争って話題で一色になる訳だけども。

小泉さんの靖国神社参拝についてもマスコミが大賑わいで、あんまりしつこいのでその話題になるとさっさとチャンネルを変えたりして忙しい。ネットでも多くこの話題を取り上げてる人が多いと思う。ひとつふたつと覗いてみたけれども、まあ、特に変わり映えのしない内容ではある。語っても語ってもキリが無い。

只ひとつ、最近妙に気になるのは、誰かが思ったことを書いただけのことでしかないブログやHPで、それに反した意見の奴らがまるでピラニアの様にそれに食いついて炎上するようなパターン。

無論、その記事が反社会的であったりする場合は仕方が無いことだと思っている。とある在日である事を隠して会計士(だったと思うが)をしてる男の仮面の下を赤裸々に綴ったブログなんかは、あれはネタ振りにしてもマジネタにしても非難されて然るべきというか、さあ、してくれ、と云わんばかりの状態ではあったんだが。このパターンの典型で、然程時間も掛からないうちに閉鎖と相成った。

靖国参拝を筆頭に、戦争を語る上でどうしても右寄り左寄りはあって、其々どこが悪いとどちらにも位置付けが利かない。位置付けが利かないことはどちらの意見もあって然るべきなのだ。それなのに昨今の流れでは、自分と違う事を書いている・考えているというだけで攻撃の目標に仕立て上げてしまう。

亀田の八百長?事件でも、亀田にエールを送っただけであっという間に炎上してしまったブログがあった。ブログの主の女性はちょっとした有名人だったが、個人の意見としては全く問題が無い筈である。

俺は自分の非を棚に挙げて相手ばかりを攻撃する行為そのものは大嫌いだ。だから、自分で調べられるだけのソースを掲げて客観的に考えた上で冷静に抗議をするのなら中国や韓国の日本に謝罪を求めようって姿勢は頷けると思う。でも国旗を燃やしたり、大声を出して泣き叫んだり、理性を捨てて自分が経験していない過去をその過去をなしたであろう相手国の子孫に対してぶつける、今の状態が続くならとても認める気になれないし、謝罪をしようとも思えない。
歴史の突合せをするにしても、あの感情の露出を考えると身の危険すら感じるじゃないか。

話を戻すが、俺はどちらかといえば幾分、中国韓国が五月蝿いんで小泉さんには靖国神社には行って欲しくなかったクチ。やっぱり最後だから終戦記念日に行くんだろうな、とは勿論思ってて大してショックではなかったけど。
靖国に行かなければ中国韓国が大人しくなる訳じゃないのは判るが向こうの譲歩を引き出す事は出来る、カードとしてはそう悪い事じゃない。ひとつ云う事を聞いてやったんだという駒にはなる。次の要求はなんだと、舞台に上げる事も出来る。その後の項目は全て国際裁判でカタをつけようという意見も出す事が出来る。ただ、それを政府や外務省がやるかというと又別問題なんだが。

大事なのは俺の意見じゃない。
大事なのは、俺がどう思おうとこれが正しくないという保証は何処にも無いって事だ。そういう考え方がいけない、とは誰にも言われる覚えは無い。

今の、特にネットの攻撃性は見るに見かねる。
他の人と意見が違う事がそんなに恐ろしいのか?そんなに許せないのか?
俺は単に戦争が大嫌いだ。
人の殺し合いに何か意味を持たせられるなんて嘘だ。
御互いに善良な人間同士がどうして犯罪を積み重ねなくちゃいけないんだ。

自分と意見が違うからといって、政治家の家に火をつけて割腹自殺する事に何の意味があるんだ?相手の意見を叩き伏せることに何の意義があるんだ?

戦争の前に起きる良くある風潮だと思う。
戦争前や戦争中に反戦を口にして私刑に遭う、なんて空気を感じる。
大声を出して主流の考え方だからと信じて、のべつ幕無しに違う意見を掻き乱すなんて野蛮な行為だ。それはもう話し合いや論争とは次元が違う。一次元の正当性なんて脆い。違う意見にもそれなりに考え方を学ぶ必要性がある。

たまに右寄りの人の口から戦争になっても構わないような意見が出る事があるが、それに対しては俺はゴメンだと云いたい。核もゴメンだ。俺がそういう目に遭いたくないからってのも勿論有るが、世界中の誰をも理不尽に無為に命が損なわれるような事はいやだ。回避したい。

これは誰にも譲れない俺の意見だ。
だから俺にこれに対して誰の意見も聞くつもりは無い。
でも誰がどう考えようとそいつに文句もつけるつもりは無い。

ほっといてくれ。
posted by 加賀 at 03:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | まじめなこと。
nekohigetanmini.jpg

このブログはマンガ・アニメ・ゲーム・FLASH・時事ニュース・ネットニュース・ペット(猫)、様々な気になったものに関して加賀が放談する気侭なブログです。引用させていただいた記事・画像等々の著作権は引用サイト様・作成者様のものとしてこれらを侵すものではありません、削除をご希望される場合はコメント欄にてお声を掛けてください。尚、引用やTBについて許諾無く為す場合があります、ご容赦ください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。