2006年03月02日

悪意のあるイタズラ描きから生まれたもの。

俺の家は真言宗豊山派で、イスラム教ともキリスト教とも縁もゆかりも無い。単にごく普通の檀家、彼岸と盆には祖父や祖母や、もっと以前の命の繋がった祖先に会いに行く程度。それすらサボってたりもする。でも、やっぱり自分が所属する宗派の悪口を言われたらいい気持ちはしないし、密かな怒りだってすると思う。
宗教っていうのは結局ヒトの暮らしからは切り離せない、どこかでは心の拠り所として大事にしているものだと思う。やっぱり、出来るなら俺はあの墓に入りたいし。

イスラム教もキリスト教も其々、別に詳しくは無い。その土地土地で生まれて気候風土や民族性に添って出来上がっていったものだと思ってる。そういう生活に密着した「考え方」、それが其々の宗教観だと思ってる。

デンマークの新聞が載せた預言者ムハンマドをからかった挿絵漫画に怒り狂ったイスラム教徒の人達。当たり前だ。偶像を禁じているものを只描くだけではなく、茶化して、からかって描いているんだから、そりゃ怒るのは当たり前だ。

何故こんな事をしたんだろうか、デンマークの新聞社は。
その後掲載したマスメディアは、一社に限らない。
イスラム圏ではデモも起こり、死人も出ている。

俺の偏見かもしれないが、キリスト教圏の人達にありがちだなあと思う一つの点は、自分こそが一番正しいと思い込める事だと思う。自分達が正しいのだから、他の考え方は正しくない。そんな馬鹿げた妄想を鵜呑みに信じ切れている様に思える。

イスラムの考え方の何が嫌いでこんな事をしたのか、教えて欲しい。
アルカイダをはじめとする急進テロリストや過激と知られている組織が政権を握る事に対する抗議としてしたのかもしれないが、イスラムの人達の全部がテロリストなのではなくて、たまたま問題を起こしているテロリストがイスラム教徒なだけなのだ。宗教には国境が無い、信じる教義が一緒なら怒りも全て一緒のはずだ。

若しコレが、イスラム教からキリスト教に向けられたものだったらどういう結果が生まれるのだろう。十字軍を始め、今まで繰り返されてきたキリスト教と他の教義の戦いを考えると、他者を踏みにじるトリガーを先に引いてきたのは殆どがキリスト教の方なんじゃないか、と思う俺は考えすぎだろうか。

近頃、ネットでもリアルでも引き金が軽い人が増えている。
頬を打たれれば、即時に叩いた相手の腹を刺す、様な。

イスラムの世界でも、一番最初に新聞に風刺漫画を乗せた記者だったか、書いた漫画家だったかに懸賞金をかける様なことを決めたという。

旧約聖書とにある言葉。
目には目を、歯には歯を。
一つの罪には同じ重さの罪で返す。
その歴史を繰り返してきて人間は何を得たというんだろう。
人口が減る、程度だ、喜ぶのは武器商人と地球位。
そして焼け野原の真ん中で
後悔の泪を流しながらまた生活は徐々に戻っていくんじゃないか。


新約聖書にある言葉。
左の頬を打たれたら、右の頬を差し出せ。
打たれて尚、相手の短絡さ・幼稚さ・興奮性・凶暴性を飲む勢いで
真剣に、真摯に、右の頬を差し出せ。
打ち合っているだけでは憎悪が増幅していくだけ。
猛る獣同士のように争ってはいけない。
目を見て、冷静に話をして、判り合わなければ戦いは永遠に終らない。
言葉を持つ人間に生まれ付いて
一つの星の表面に生まれて生きているのだから。
大切な心のテリトリーをお互いに荒らさないように生きていかなくては
この地球はとてつもなく狭い。



それとも、人間は結局、
無意味に戦う事が大好きなんだろうか。
more blog?ninkiupranking.gif

posted by 加賀 at 01:59 | Comment(1) | TrackBack(1) | まじめなこと。
nekohigetanmini.jpg

このブログはマンガ・アニメ・ゲーム・FLASH・時事ニュース・ネットニュース・ペット(猫)、様々な気になったものに関して加賀が放談する気侭なブログです。引用させていただいた記事・画像等々の著作権は引用サイト様・作成者様のものとしてこれらを侵すものではありません、削除をご希望される場合はコメント欄にてお声を掛けてください。尚、引用やTBについて許諾無く為す場合があります、ご容赦ください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。