2005年12月18日

レコード大賞っていうと。

俺は沢田研二の「ダーリング」と細川たかしの「北酒場」を思い出すんだけど、あの頃のレコ大って本当に全年齢層に人気のあった曲が選ばれてたと思う。でもあの頃はラジオやテレビしか無かったし、歌謡曲とは一線を臥してニューミュージックとかフォークとかが存在していて、それらはやっぱり若い世代だけの聴くものとして在ったと思うから歌謡曲ジャンルには到底かなう物じゃなかった。

今の時代、何から何まで好みが細分化してても特にマイナーに陥ることは少なくて、つまり受容する側が多岐にわたる=供給する側もそうならなくてはいけない。日本人特有の自然に隣と同化してしまう感覚を除いて、本当に好かれなくてはCDの売り上げにならない。
ココの所、CDの売り上げが落ちているのはきっと若年層から中年層、いまやCDを買って音楽を聴く、という行為がインターネットでDLして聴く、という手軽さに移行していてその浸透度はこれからは益々深く広くなっていくだろう。これからはネット環境を持たない人の層しかCDに手を出さない事になりかねない。
今や、CDの売り上げ=人気というバロメーターには意味が無い。

レコード大賞の審査基準がそもそも判らない。先の火災で審査委員長の阿子島氏が亡くなったが、俺はこの人のことを知らなかった。

遺体は阿子島さんと確認 レコード大賞審査委員長宅火災
asahi.com: - 社会


どう選んでいるのかその透明性を晒していないものを其の侭受け止める事など出来ない。まだ有線大賞のほうがストレートに評価できるシステムを持っていると思う。しかし、有線のリクエストをする人の種類にも偏りがあるし、ラジオにしてもネットにしてもカラオケにしても、そのソースを利用する人たちが全ての年齢層に対応とするものは存在せず、もしそれぞれで大賞を選定したとしても結局は小さなお山の大将にしか成りえない。

「レコード大賞」なんてやめたらどうか!
Excite エキサイト : ニュース


つまり俺が言いたいのはコレで。
紅白もそうだけど、国民全員が支持する方向をして無いものを保持していく意味は無いんじゃないかと。年齢別とかジャンル別とか、そういう振り分けをしてその中での大賞を決めていく、それしかないんじゃないかな。
more blog?ninkiupranking.gif


posted by 加賀 at 16:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 独り言
nekohigetanmini.jpg

このブログはマンガ・アニメ・ゲーム・FLASH・時事ニュース・ネットニュース・ペット(猫)、様々な気になったものに関して加賀が放談する気侭なブログです。引用させていただいた記事・画像等々の著作権は引用サイト様・作成者様のものとしてこれらを侵すものではありません、削除をご希望される場合はコメント欄にてお声を掛けてください。尚、引用やTBについて許諾無く為す場合があります、ご容赦ください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。