2005年12月02日

性犯罪:広島少女と栃木少女とペルー人容疑者とマスコミと。

変態はその重度軽度様々でその種類・属性は数多、しかも自覚する人しない人も様々、フェチ等々を加えると限りない程の人数存在すると思うけど、互いの合意(金銭目的も含めて)で楽しむなら何も問題は無いと思う。法的には、あくまで法的には。ムチでしばこうがしばかれようが、うんこ食おうが食わされようが。勝手にやってて、と。

変態行為ってものは、合意がなされない場合は勿論、その上小さな子供などの力の弱い存在に向かった場合、さらに品性下劣、世の中で最も忌み嫌われる事だと思う。

広島で起きた不幸な死を迎えてしまった少女も、今日茨城の山林で遺体で見つかった栃木の少女(かどうかはまだ未確認だが)も、強い力に踏み躙られてその命を散らした。犯行のその時の彼女たちの気持ちを思うと胸が痛い。まだ7年しか生きていないというのに。先程これらの件をGoogleで検索した所、小さな子へ向けた犯罪のあまりの数にすぐに窓を閉じてしまった。

「魔が差す」という言葉がある。
どうしてもそういう時があるのが人間だと思うが、絶対してはいけない事がある。

広島で捕らえられたペルー人、少女暴行の前科が3つもある上にその前科を隠そうとしてか、裁判の最中であるにも関わらず、名前を詐称して今の妻と結婚した事も疑われている。彼が言う事には「悪魔が自分の中に入ってきて罪を犯し」てしまったらしい。悪魔が入ってこようが狐が入ってこようがそんな事はどうでもいい。冤罪の方向にしたいのか?とぼけるのも大概にすべきだ。(外国人が逮捕されるとその言葉の弊害も手伝って、冤罪になる可能性もあるが、此れだけの素質と再犯の可能性が高い場合その心配は無いと思える。)

自分の欲望を制御し切れない変態の癖に。
後悔するならするな、言い訳するならするな。
最近の犯罪者の軽佻浮薄さは全く理解出来ない。
まだ恨みに拠る殺人の方が健全に感じる。
原因が呼んだ結果ならまだ何で殺されるのか判るってもんだ。
脳内の妄想が原因だとかだと、堪らないけど。
(無論、全く、有ってはならない事だけど。)

性犯罪(小児に向けての犯罪も含め)を犯した奴には問答無用で一生を監視の目に捧げるくらいの刑でいい。何時でも誰でも確認出来る様に身体にICチップでも埋め込んでしまうといい。国際法でしてくれ。日本の司法よ、幼い命を奪われた子供達の為に奮闘してくれ。どんな圧力にも屈せずに、その自分の存在価値を示して欲しい。頼む。


広島の事件についてはもう嫌悪ばかりで最初から記事にするつもりは無かった。書く事といえば上みたいに犯人の顔めがけて唾を吐く事くらいで。では何故、今になって記事にしているのかと問われれば。

マスコミの悪い面が又見え隠れしていたから。

広島の現場付近では、警察がピサロ・ヤギ容疑者を追おうにも、日々マスコミが波のように寄せて溢れて、尾行も侭ならない状況が続いていたそうだ。警察の落ち度が犯罪を招く事もあるが、そういう事件が起こる度に不始末を叩くマスコミが、警察の捜査を邪魔していたのでは本末転倒だろう。

それにこういう事件をマスコミが一斉に、それこそ「食い付く」と絶対に、云い過ぎでは無いと思う本当に絶対に模倣犯が現れる。反吐が出る。変態で、残忍で、しかも猿真似だ。最悪。他人の犯罪で箍が外れれるなんて、もう、呆れ返るばかりで、今後又心底のバカが出ない事を祈るのみで終了。早く捕まってくれ。
事件以前に容疑者に声を掛けられた他の子供に大して、直にインタビューをする等も、全く要らない事だ。そういう話もあるという事だけが伝われば問題無いではないか。悲劇的な目にあった被害者の関係者などにするインタビューも不必要極まりない。何か訴えたい事があるのなら良いが無理に判りきった悲しみのコメントなんて要らない。相手の悲しい胸中を無為に引っ掻き回すなんてやめて欲しい位だ。

それより何より、現場で取材に動くマスコミの人間の顔をきちんと見せろ、特にテレビ媒体。誰がどんな権限でこういう報道をしているのか見せろ。それが出来ない様な取材ならしなくていい、垂れ流さなくていい。責任を持てない様なものを曝す必要なんて無いはずだ、報道は。

あぁ、もう。
人が目まいやら吐き気やら、グダグダで仕事休んでる時に。
自分の低俗さをアピールして俺に見せるな!(<そんな勝手なw)
more blog?ninkiupranking.gif
posted by 加賀 at 19:08 | Comment(2) | TrackBack(0) | 何ィ!?
nekohigetanmini.jpg

このブログはマンガ・アニメ・ゲーム・FLASH・時事ニュース・ネットニュース・ペット(猫)、様々な気になったものに関して加賀が放談する気侭なブログです。引用させていただいた記事・画像等々の著作権は引用サイト様・作成者様のものとしてこれらを侵すものではありません、削除をご希望される場合はコメント欄にてお声を掛けてください。尚、引用やTBについて許諾無く為す場合があります、ご容赦ください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。